ストア派哲学『自省録』を読めば、メンタルが強くなり人生も変わる

お困りの人

最近、嫌なことがあり、人生に疲れています。気持ちが前向きになる本、言葉があれば教えてください!!

メンタル猫

『自省録(じせいろく)』を読むと、物事に対する見方が劇的に変わり、人生観も変わりますよ!

この記事の信頼性

この記事を書いているメンタル猫は、『自省録』を毎日のように読み返しており、自宅用と車内用で常に読める環境を整えています。この本により、自称メンタル最強を手に入れました。

こんな方におすすめ

  • 前向きな気持ちを手に入れたい方
  • 自分に自信が持てない方
  • ストア派哲学について知りたい方

『自省録』を読み、個々の言葉を実践することで、人生観が変わります。

それでは始めていきますね!!

もくじ

ストア派哲学とは? 『自省録』とは??

「ストア派哲学」の成立。それは紀元前3世紀ごろにさかのぼります。そして古代ギリシャ、ローマ帝国において隆盛をきわめました。

皆さんは、【ストイック】という言葉を聞いたことがありますね。その言葉のイメージは、どういったものでしょうか?

自分に厳しく、規律正しく、実生活を過ごす様子がイメージされますね。例えば、毎日、どんなに疲れていても筋トレを欠かさない。ダイエット中に、甘い物の誘惑に負けず、厳格な食生活を守る。仕事においても決して手を抜くことなく、100%以上の成果を常に目指す。などなど。

ココがポイント

ストア派哲学は誘惑に打ち勝ち、自らの品性を高め、強い意志を確保しようとする考え方です。

ローマ帝国第16代皇帝、マルクス=アウレリウス=アントニヌス。哲人皇帝と呼ばれ、『自省録』を著しました。

この本に書いてある内容をひとことでいうと、よりよく生きるための、自分に自信を持つための言葉を集めたもの。

例えば、以下のような言葉があります。

すべては主観にすぎないことを思え。その主観は君の力でどうにでもなるのだ。したがって君の意のままに主観を除去するがよい。

出典:マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子訳(1956),自省録 岩波文庫

簡単にこの言葉を解説してみましょうか。

主観とは、自分のものの考え方ですね。他人ではなく、自分だけが思っている、考えているものの見方です。

自分は仕事ができない。上司に嫌われている。だから仕事に行きたくない。こんなふうに思っている人がいるとします。こうした考えは自分だけのもので、もしかすると周りはそうは思っていないかもしれません。ですが、自分の中だけでこうした考えが支配的になり、悪い方向に物事を考えてしまっている。

しかし、このような主観は自分の意志でどうにでもなる、取り除くことができる。

1900年ほど前に生きた、哲人皇帝陛下はこのように考えています。素晴らしい考え方ですね。

『自省録』にはこうした、みずからの主観を取り払うための、力強い言葉がちりばめられています。

『自省録』の読み方

『自省録』はどのページから読んでもかまいません。特別に系統立てて書かれてはいないからです。1ページ目から順番に読むのもいいですし、毎日、適当に開いたページから読み始めても大丈夫です。

ココがポイント

毎日読み続けることで、メンタルが向上し、前向きに生きる姿勢、自分に自信もつきます。

僕の好きな言葉を、いくつかご紹介しますね。

「自分は損害を受けた」という意見を取り除くがよい。そうすればそういう感じも取り除かれてしまう。「自分は損害を受けた」という感じを取り除くがよい。そうすればその損害も取り除かれてしまう。

出典:マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子訳(1956),自省録 岩波文庫

明けがたに起きにくいときには、つぎの思いを念頭に用意しておくがよい。「人間のつとめを果たすために私は起きるのだ。」

出典:マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子訳(1956),自省録 岩波文庫

君の肉体がこの人生にへこたれないのに、魂のほうが先にへこたれるとは恥ずかしいことだ。

出典:マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子訳(1956),自省録 岩波文庫

善い人間のあり方如何について論ずるのはもういい加減で切り上げて善い人間になったらどうだ。

出典:マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子訳(1956),自省録 岩波文庫

間もなく君は死んでしまう。それなのに君はまだ単純でもなく、平静でもなく、外的な事柄によって害を受けまいかという疑惑から解放されてもおらず、あらゆる人にたいして善意をいだいているわけでもなく、知恵はただ正しい行動をなすにありと考えることもしていないのだ。

出典:マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子訳(1956),自省録 岩波文庫

いかがでしょうか? 思わず考えさせられる、実直で、熱い、心揺さぶられる言葉ではないでしょうか。僕は学生時代、『自省録』に出会い、その後の人生において常にこれらの言葉を念頭に生きてきました。頭髪はさみしくなりましたが(笑)

ご購入は以下のリンクからどうぞ。

アマゾンのkindleunlimitedであれば、月額980円でお好きな本が好きなだけ読めますね。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる