うまくいかない対人関係・考え方を変える1冊の本

お悩みの人

どうにもこうにも、対人関係がうまくいきません。対人関係を改善するための、何かおすすめの本があれば教えてほしいです。

メンタル猫

とっておきの一冊の本をご紹介しましょう。考え方が劇的に変わること必至ですよ!

この記事を書いている人

どうも。日本はおろか、世界中の子猫動画を毎晩チェックしているメンタル猫です。来世は子猫となり大金持ちの家で飼い猫になるのが夢です(笑)

今回は良好な対人関係を築くための考え方を変える1冊の本をご紹介します。僕も何度も読み返し、読み返すたびに新しい発見があります。

それでは始めていきますね。

もくじ

考え方を変える。相手ではなく自分を変えること

人生における対人関係としては、以下のようなケースがありますね。

学校・職場での対人関係
彼氏(彼女)・夫(妻)との人間関係
親・兄弟・友人との人間関係

どのような対人関係においても、自分と相手、2者間の距離が問題となります。近すぎても、遠すぎても円滑な関係は望めませんね。2者の距離が近すぎると、互いに依存しがちになり、ストレスがたまりやすくなります。

逆に、2者の距離が遠すぎる場合、互いの関心度合いが薄く、何事につけても他人事のようにとらえがちとなります。

2者間の適切な距離を考えてみましょう。近すぎず、遠すぎず、バランスの取れた距離を。

相手との適切な距離を考えるとき、まずは相手のことを知らなければなりませんね。相手をよりよく知る。自分のことを知ってもらう前に、まずは相手を知るようにしましょう。

相手の言葉に耳を傾ける。かんたんなようで、コレが意外と難しい。。。例えば・・・

上司と部下の場合。部下の大きな失敗を上司は許せない。怒りはマックス。部下の言葉はすべて言い訳に聞こえてしまう。もしかすると、部下の言い分にも理があるかもしれないのに。聞く耳を持つことができない。

どうすればよいのでしょうか? その答えは、『7つの習慣 人格主義の回復』にあります。

この本には実践すべき7つの習慣が詳細に記述されています。その中の第5の習慣。以下の言葉をご紹介しましょう。

第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される

今度自分の意見を述べるとき共感したうえで行ってみる。相手の考え、立場を相手以上にうまく説明する。それから、相手の視点に立って自分の考え、立場を説明し、理解してもらう。

出典:スティーブン・R・コヴィー(2013),完訳 7つの習慣 キングベアー出版

相手を理解しない限り、自分のことも理解してもらえない。自分の視点と相手の視点を客観的に考える。相手の立場を相手以上に理解し、説明してみる。

自分の意見を言いたいのをグッとおさえて、まずは相手を理解することに努める。特に立場が違う2人の場合、どうしても下の立場のほうが言いたいことが言えずじまいになりがち。

上の立場にいるものは、下の立場の気持ちや思いを理解するため、まずは相手の視点で物事を俯瞰的に見ること。こうした姿勢が重要ですね。

kindle unlimitedなら、スマホやパソコン、タブレット端末で場所を選ばず読書できますね。もちろん、僕も毎月お世話になってます。この機会にご検討ください。詳細は以下のリンクからどうぞ。

対人関係については以下の記事も参考になります。

相手を理解すれば、自分への理解も深まる

対人関係の充実。人が生きていく上での永遠のテーマ。

自分以外の誰かを理解するのは、ほんとうに難しいことですね。僕も日々の生活において、常に相手がどのような気持ちで、どうしてこのような言動をしているのか、考え、意思疎通を図るよう心がけています。

しかぁし。感情の生き物である人間は、ときに、合理的思考とはかけ離れた行動をすることもあります。

冷静になれば、「なぜ?あのとき?、こんなことをしたのだろう!?!」と、自分を客観的に見つめることができます。が、冷静さを欠き、それが怒りを伴う感情爆発であればあるほど、まさか!、という言動を引き起こします。

相手を理解するよう努めるほど、自分の理解も深まります。結果として、対人関係の向上、問題の解消へとつながりやすくなります。

『7つの習慣 人格主義の回復』 は、自分の感情とどのように向き合い、改善し、相手を尊重、尊敬し、相手と協力関係を築く方法を示してくれます。

この記事を書くにあたって、 『7つの習慣 人格主義の回復』 を読み返しました。ひとつひとつの言葉が以前読んだ時とは異なる感覚、思いとなって新しい発見へと導いてくれるような気がしました。

生涯にわたって何度も読み返し、そのたびに新たな視点を提供してくれる稀有な本。

手に取って1ページずつ読み進め、あなたなりの解釈で実践し、対人関係の向上、発展を目指してみませんか?

kindle unlimitedなら、お好きな本を定額で読むことができます。もちろん、僕も毎月お世話になってます。この機会にご検討ください。詳細は以下のリンクからどうぞ。

今回は以上になります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる